旦那

ヘッダー

淡白でマンネリ化していた旦那に変化が

結婚生活が長くなることで体験談でも、旦那とのプレイがマンネリ化してしまうものです。

そういった状況が続くと倦怠期になってしまいます。

さらに、男性は年齢を重ねることで体力や精力も低下するもの。

中には奥さんに「ウチの旦那は若い頃と比べてめっきり夜が弱くなった」とママ友にボヤかれることもあるのです。

そういった場合は新たな今までにないスタイルを導入する必要があります。

そこでおすすめなのが、ポリネシアンセックスに代表されるスローセックスです。

ポリネシアンセックスとはポリネシアン地方で古くから行われているようなスタイルで、これは長時間に亘って行うものです。

結婚生活が長くなることで、エッチに特別な感情を抱かなくなってしまいますが、ポリネシアンセックスとはそれと逆の異なるスタイルなのです。

旦那が最初は嫌がってもスローセックスを続けた結果

さらに、体験談では長時間に亘ってエッチをすることはスローライフにも繋がり、ゆとりのある生活にも繋がります。

20代であれば激しいピストンでも良いかもしれませんが、年齢を重ねた夫婦であればポリネシアンセックスのようなスローセックスをおすすめします。

海外では日本でブームになる以前からこのような内容が鋭く注目されております。 ライフスタイルに対する高い意識を持つセレブ層にかなり、ここでも好まれていました。

また、旦那と一緒にこれを導入して高い性的興奮を得ることでホルモンバランスがこれによって整うため、美容にも効果があるのです。

そのため、旦那が冷たいのであればポリネシアンセックスは健康に意識を向けるような現代人にピッタリの性行為のスタイルと言えるでしょう。

こういった作業は当日になっていきなり始めるものではありません。

体験談の様に旦那に最初は無理矢理でも突き合わせる

まずは体験談のように旦那との愛し合う行為をする日を決めましょう。

さらに、相手との行為に集中するためには午前中をおすすめします。

午前中に3時間~4時間用意しておきましょう。

こうすることで旦那もトピックに対して「特別なイベント」という感情が生まれるのです。

これによってエッチに対する期待感がアップします。

当日までの自分での行為は控え、優しく抱き合うだけにとどめておきましょう。

そして、性行為の直前に食事をすることはNGです。

満腹になってしまうとそれだけで満足してしまうため、性行為に対する集中力が下がってしまいます。

さらに、挿入中に携帯電話がなる恐れがありますので、携帯電話も切っておきましょう。

スローセックスで旦那を自分でコントロールしていく

ポリネシアンセックスにおいて何より大切なことは、体験談でもエッチに集中出来る環境を作るということです。

ベッドではいきなり愛撫をしてはいけません。

まずは1時間ほど抱き合いましょう。

これによってお互いの体温を共有して、旦那は肉体だけでなく精神を繋げることが出来るのです。

今まで知らなかった旦那の姿がスローセックスで見れる

精神が繋がることで旦那はお互いが同じ快感を体験談と一緒で得られます。

ここで焦ってしまうと台無しになってしまいます。

抱き合った後は愛撫を始めますが、これも旦那とゆっくりと1時間行いましょう。

もちろん激しい愛撫は厳禁です。

お互いの性感が高まることを感じてください。

旦那の男性はどうしても挿入を急いでしまいますが、それではこれまでの夜の営みと同じになってしまいます。

挿入をしたらしばらくピストンをせずに抱き合ってください。

これによって身体だけでなく性器を通して体温を感じることが出来ます。

そして、ゆっくりとしたピストンを行いましょう。

努力をしない旦那にはスローセックスを体験させましょう

40分ほどの時間をかけてフィニッシュをしてください。

通常の性行為であればいきなりシャワーを浴びてしまいますが、しばらく旦那と抱き合うことをできる限り続けましょう。

これによって精神的にも満たされるのです。

これによって、これからの生活にもゆとりが生まれるでしょう。

また、旦那はポリネシアンセックスは非常にゆっくりとしたものですので、それほど体力を使いません。

そのため、体力の低下した年代に方にもおすすめです。

ぜひ体験談の様に実践してください。