年齢

ヘッダー

年齢を重ねてマンネリ化どころかより一層求め合うように

人生において良質なエッチは欠かせないもので、現在では年齢を重ねても夫婦生活ライフを楽しむ方が増加しています。

しかし、年齢を重ねることによって、勃起しづらい、射精まで時間がかかってしまう、などの問題がここでは頻繁に発生するものです。

そのため、いつまでも若い時と同じような性行為では十分な満足が得られません。

年齢に合わせて既存のスタイルを変化させなければならないのです。

そこでおすすめしたいエッチとして、ポリネシアンセックスと呼ばれるスタイルがあります。

今後の充実した夫婦のライフのためにぜひ取り入れましょう。

いくら年齢を重ねてもスローセックスなら負担なく楽しめる

ポリネシアンセックスとはその名前が示す通り、ポリネシア地方で誕生した独自のスタイルです。

これは肉体の繋がりではなく精神の繋がりを目的としております。 それによってこれまでの持っていた価値観の概念を覆すような独自のスタイルで、世界中で実践されています。

パートナーとのプレイにマンネリを感じるカップルにもおすすめです。

何より一番に大切なことは「夜の営みする日をあらかじめ決めておく」ということです。

年齢は関係なく繰り返し行うことで中高年でハマる

仕事が忙しくなってしまうと、年齢と共にカップルのスケジュールを合わせることが難しくなります。

そのため、空いた時間でなんとなく性行為を始めることもあるでしょう。

しかし、それではいつまで経っても同じようなスタイルになってしまうのです。

そのため、あらかじめお互いがスケジューリングをすることで、夫婦生活を特別なイベントにすることが出来ます。

これによってお互いがより一層エッチを意識するようになり、中高年でも気持ちを高めることが出来るのです。

この気持の高まりこそがポリネシアンセックスで欠かせないものになります。

一般的なセックスまでの流れとして、食事をしてからの性行為というものがありますが、ポリネシアンセックスにおいてプレイ前の食事は禁物です。

エッチの前に食欲が満腹になってしまうとそれだけで満足してしまい、年齢によっては夜の営みへの集中力が低下してしまうのです。

特に年齢が中高年にはスローセックスは人生を変えることも

そのため、食事のタイミングに注意しましょう。

そして、いきなりお互いの性器に触れてはいけません。

まずは1時間抱き合いましょう。

これによってお互いの体温を感じることが出来ます。

そして、年齢が高くてもお互いの興奮度もアップするのです。

お互いの呼吸を合わせることで、より精神的に強い繋がりを作ることが出来ます。

40代や50代の年齢でも満足できるポリネシアンセックス

抱き合ったまま1時間が経過したらお互いに丁寧に愛撫を始めてください。

キスをすることも年齢は関係なく大切です。

愛撫をされた男性はここで挿入を急いでしまいますが、そこで焦ってはいけません。

これも1時間ほど続けてください。

これによってお互いの興奮度がマックスになるのです。

その後に初めて挿入を行います。

しかし、そこでいきなり若い年齢のようにピストンをしてはいけません。

ゆっくりと挿入をして、そのままの状態で抱き合ってください。

これによってお互いの身体だけでなく性器を通して体温を感じることが出来るのです。

これだけ時間をかけることでお互いの身体が敏感になっていますので、これだけでかなりの快感があるでしょう。

そして、ゆっくりとしたスピードでピストンを繰り返します。

今の年齢でもスローセックスでの絶頂は普段の何倍になる?

お互いの精神が繋がった状態ですので、これまでに無い深い快感があるでしょう。

これによって肉体だけでなく精神で快感を得ることが出来るのです。

40分ほどゆっくりとしたピストンを繰り返してフィニッシュを迎えましょう。

フィニッシュを迎えてもいきなりシャワーを浴びに行ってはいけません。

年齢にもよりますがタバコなどもNGです。

フィニッシュ後もそのまま抱き合い、性行為の快感の余韻に浸りましょう。

これによってお互いの精神的な結びつきを強めることが出来るのです。

ポリネシアンセックスは肉体と精神の繋がりを大切にしたものですので、ガツガツとした行為はNGです。